スズメバチ、アシナガバチ、蜂の巣に行なう正しいハチ駆除方法とは

蜂駆除本舗
スズメバチ、アシナガバチ、蜂の巣に行なう正しいハチ駆除方法とは

日本に生息するハチ

イタチ、ねずみ、ハクビシンなどが害獣と呼ばれるのに対して、シロアリやゴキブリは害虫と呼ばれます。
害虫とは、その文字通り害を及ぼす虫の事です。
シロアリの場合なら建物内に住み着き、柱や壁などの建築材を食べてしまいます。これにより、家の耐久性の低下へと繋がります。また、ゴキブリは不衛生な場所で生息している場合もあり、それらの場所から菌を運んでくる恐れもあります。
害虫と呼ばれるのは、ゴキブリやシロアリだけではありません。その他にも、「ハチ」がいます。

日本に生息しているハチは、およそ「3000種類」にのぼります。
そして、これらのハチによる被害は「刺害」、つまり刺される害になります。
しかし、全てのハチが人を刺すのではありません。中には、人に害を与えないハチも存在しています。
刺害を与えるハチとして主に知られているのは、スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチになります。
この中でも特に、スズメバチは攻撃性が強い性質のため大変危険なハチとして知られています。

素人が行なうと危険

害獣駆除という言葉があるように、ハチ駆除という言葉があります。
これは、言葉通り「ハチを駆除する」という行為です。
ハチ駆除の方法は色々な方法がありますが、大きく分けると自分で行なう駆除と専門業者や保健所に依頼して行なう駆除があります。
近年では、ハチ専用の殺虫スプレーも多く発売されており、それらを使用すれば自分で駆除を行なえます。
しかし、ここで大切な注意があります。それは、自分できるハチ駆除には限りがあるという事です。

ハチの種類や被害の状態によっては、素人が行なう駆除では十分な効果がない場合もあります。
また、スズメバチは強い毒を持っている為、素人が駆除を行なうのは大変危険です。その為、専門業者や保健所への駆除依頼が必要になります。

WHAT'S NEW

2014/06/26
益虫として知られているを更新。
2014/06/26
1年間に20人を更新。
2014/06/26
特徴を見分けるを更新。
2014/06/26
色々な種類を更新。
2014/06/26
早めに行なう大切さを更新。